日本は品位を保って欲しい

G20に参加した阿部首相が中国との首脳会談を行ったときの背景が話題になっていました。他国の首脳との会談で握手をしている場面では後ろに国旗が飾られています。さらにその後ろの壁はちょっと豪華な感じなものになっていました。ですが、日本の首相との場合には国旗が飾られていません。また、二人の首脳が握手する後ろの壁は安っぽい感じがするものとなっていました。中国での新聞の写真も日本の首相との握手を一番下に配置しているとのことです。これらは中国の人民に対するもので、国内向けのアピールのためだということでした。それらを見てどんなことがあるとしても、一国家の首脳に対して失礼な振る舞いであると思います。しかし今後、中国などの関係者が日本で会談などをするようなことがあるときには、同じような行為はして欲しくないと思います。子どもの喧嘩ではないので、基本的にはおもてなしをしながらも、言うべきことは言うという姿勢であって欲しいのです。それは中国だけでなく、世界各国に日本の気品というものを伝えて欲しいからです。ですから日本は紳士的な態度で振る舞い、格の違いを見せつけて欲しいと思うのです。   中古車査定相場を知りたいときはここ

Writen by user046