すごく便利になった100円ショップ

100円ショップは、日本全国至る所にあり、利用しやすく、そして便利です。でも「100円ショップはどこも同じ」は昔の話です。今時の100円ショップはお店ごとに特徴があることにお気づきですか。ダイソー、セリア、キャンドゥ、ワッツは日本のTOP4です。実際に外国人観光客の多くはダイソーが大好きです。外国人は日本で「ダイソー」と「ドンキホーテ」、それと「マツキヨ」で買い物をしていくと聞きます。他の100円ショップから2歩も3歩も上をいっているのがダイソーです。また、セリアのターゲット層は、ずばり「女性」です。ナチュラルでシンプル、そしてかわいいものをメインに扱うセリアは、今や女性が大好きなお店の1つにまでなっています。店内は明るくて爽やかで、間口も広く取ってあり、女性が入りやすい雰囲気を演出しています。キャンドゥもダイソーと同じように店舗改革に乗り出しました。店名のロゴもオシャレな「Can★Do」に変更し、店内に買い物用カートを設置、通路の幅を広く取るなど、従来のキャンドゥから変わってきています。店舗も明るい雰囲気になりました。ワッツは店舗も独特ですが、取り扱う商品もダイソーのように多アイテムではありません。「小さい」「消耗品」を中心にしているようです。100円ショップといってもいろいろと違いがありました。ダイソーは「何でもある」、セリアは「おしゃれ」、キャンドゥーは「かわいい」、ワッツは「マニアック」。4社4様、違って良いのではないでしょうか。100円ショップは日本人だけでなく海外からも注目されている日本の産業です。これからもどんどん成長してほしいです。車の相場を知ってから売ったほうがいいってホントなの?

Writen by user046