香典返しにおけるマナー・注意点

香典返しで困るのが、一家の大黒柱(家族を養っている父や母など)が亡くなり、子供らだけが残され、金銭面で余裕がない場合などかと思います。確かにそのような状況であれば、香典を渡した側からしても、「返してもらうなんてとんでもない」という気持ちになる人が多いでしょう。遺族側は、葬式前は準備などが多すぎてバタバタです。そして葬式後もいろいろやることが残っていますし、故人が亡くなった現実をハッキリ受け入れることになり悲しみがやってきます。このようなときに、香典返しをする際のマナーなどを注意して送るのがなかなか難しいものとなります。香典返しにカタログを贈るメリットとしては、遺族側が品物を選ぶ手間が省けるというところでしょう。お返しする人数が多ければ多いほど大変です。香典返しを受け取る側の方の「生活に足りていないモノ、または必要としているモノ」というのは分からないものです。受け入れられるかどうかは、相手の年齢や考え方、または住んでいる地域などによって変わってきます。やはり相手側が年配の方の場合は、昔から定番の品物、またはカタログなどの方が無難かもしれません。安い自動車保険ってどこ?

Writen by user046